源川紙業株式会社

箔押し・エンボス・デボス等の特殊加工の事なら「創業66年」培ったノウハウと高い技術でお客様のニーズにお応えする東京都足立区の源川紙業へ

03-3855-4003

箔押し

製品に「熱と加圧」を加える事で箔を転写する特殊加工の事です。
印刷では再現できない光沢と重厚感溢れる仕上がりによって製品にさらなる付加価値を与えます。
また箔の色もゴールド・シルバー・ホログラム・メタリックなど様々な種類がありますので商品に合わせて色を使い分け、 プレミア感を演出し商品価値を高める事により売り上げアップ効果にもつながります。


箔押し機仕様
機械名:自動平圧箔押し機 MK1120ST
最大用紙寸法:1,120mm×820mm
最少用紙寸法:400mm×350mm

箔押しイメージ1
箔押しイメージ2

エンボス

製品に「加圧」をすることで文字や形を浮かび上がらせる特殊加工の事です。
例えば商品名や商品画像を浮かび上がらせ立体感を出し、さらに触った時の感触の変化による「視覚的・触覚的効果」 によって他製品との差別化を図ることでお客様への商品アピールをします。
また箔押しした箇所をエンボス加工することも出来るので活躍の場は多岐に渡ります。

エンボスイメージ1
エンボスイメージ2

デボス

製品に「加圧」をすることで文字や形をへこませる特殊加工の事です。
例えば商品に縁取りだけへこませる事により逆に商品名が浮き上がって見えたり商品を触った時の感触にアクセントを 加えたりすることによる「視覚的・触覚的効果」で他製品との差別化を図りお客様への商品アピールをします。

デボスイメージ1

コールドフォイル

ホットスタンプの箔押しでは熱と圧を加える為に必ず凹みが生じますが、コールドフォイルでは熱と圧を使わずに糊を使って箔を転写しますので 凹みが無いのが特徴です。
さらに印刷と同じように細かい線等の表現が可能なうえ箔に上にカラー印刷ができるのもコールドフォイルの強みです。

MH(ホロ)コート

UVニスを使いホログラムを加工する事です。
弊社ではコストのかかる樹脂版を使わずに刷版を使用することでかなりのコストダウンが可能なうえ、 印刷の文字の部分だけ加工したいという様なスポット加工も可能です。

流れ

必要な情報としましては「数量・納期・紙の材料・箔の色」、そして必ず必要となる箔押し・エンボス・デボス ・コールドフォイル・MH(ホロ)コート加工の画像データとなります。
画像データはアウトラインが取れているものでしたらPDFやイラストレーターで大丈夫です。
以上の情報をもとにお客様と私たちが打ち合わせを致しましてご納得頂けましたら作業に取り掛かります。
もちろん試作が必要でしたら数枚でも試作できますのでそれを見て判断して頂いて大丈夫です。